使い勝手とは?

よく長財布のボリュームは持ち運ぶときに鞄やバッグが必要だから使い勝手が良くないというようなことを耳にしますが、本当にそうなのでしょうか?確かに鞄やバックが必要なのは確かです。二つ折りの財布を使っている人は、ズボンのポケットなどに入れて持ち歩くという人がほとんどでしょう。しかし、落とし物で見かける財布も二つ折りが多かったりしませんか?それって使い勝手良いと言えるでしょうか?そもそも忘れっぽいという人には該当しないでしょうが、長財布の存在感というのは紛失しにくいという面ではメリットと言えるのではないでしょうか。傾向としても長財布を愛用している人は、それぞれスーツの内ポケットだったり、バッグのこのポケットというように「定位置」が決まっている人も多いように感じます。同じような不便さの中に、長財布には小銭入れがないものや、あっても容量がかなり少ないという声が挙げられるでしょう。大体長財布というのは革のものが多く、そもそも革の耐久性などを加味してもそのように作られている事がほとんどでしょう。そのため長財布を愛用している人は小銭入れを別に持ち歩いているという人が多いようです。一方、二つ折り財布の場合、小銭入れがないというタイプは珍しく、この小銭入れ問題を口酸っぱく唱える人に限ってパンパンになるまで小銭を入れているという人が多いように感じます。確かにいっぺんに収納できるのは便利かも知れませんが、きちんと計算して小銭を扱えないというのは、財布の見た目以上にダサい大人認定されてしまいそうです。そのような財布は汚れやすく壊れやすいといえ、あまり使い勝手の良さは感じられないのではないでしょうか。便利さは使いながら工夫できるものです。革財布を持つのであれば、長く美しく使えるように使い勝手を考えていくのも大人の財布の持ち方と言えるでしょう。

レザー製のアタッシュケースが語る人物像

ノートパソコンやモバイルタブレットを持ち歩くビジネスマンが増えた事もあり、それらの持ち運びとして、レザー製のアタッシュケースへの注目度が上がってきているようにも感じます。アタッシュケースを持ち歩くビジネスマンは、昭和の時代に衰退してしまったと思い込んでいましたが、最近、様々なビジネスシーンで、レザー調の洒落たアタッシュケースを見かけると、そのスタイリッシュな風貌に見とれてしまうような事もあります。アタッシュケースは、男性の紳士的なスタイルを、エレガントに強調してくれるアイテムでもあり、同様にコーディネートされた、革製の定期入れや、革財布などを持ち歩く事で、匠なビジネススタイルを打ち立ててくれる存在です。さらに高級感を生み出すアイテムとして、レザー製のドキュメントケースを揃え持つような技もあります。仕事道具の品質への心配りは、初対面の人々の第一印象を好印象へと導いてくれる、最強のパートナーでもあります。ビジネスシーンにおいて、初対面に顔を合わせる人々にとって、その人の身に付けるものは、細部に渡って情報として受け取られるはずです。大切なミィーティングこそ、入念なトータルコーディネートを行うようにしましょう。アタッシュケースを開くと、その人と成りが分かるというような強者もいるものです。

革製のブリーフケースの可能性を考える

ビジネスシーンに多用使いできる、革のブリーフケースを探しているのであれば、独立して仕様可能なバッグインバッグなどが、セット売りされているような製品がおススメでもあります。新社会人向けのセット売りなどでは、革財布や、革パスケース、革の名刺入れなども含まれているケースもありますが、バッグインバッグが独立できる事で、本体の革製のブリーフケースと、バッグインバッグの2つ持ちも可となり、あらゆるビジネスシーンの可能性を広げてくれるのではないかと考えています。レザー製品は、あらゆるシチュエーションに順応に馴染んでくれるといった、多機能性を兼ね備えたビジネスバッグには、もってこいの素材なのではないでしょうか。軽量化などを踏まえますと、ナイロン製のブリーフケースや、強化樹脂製の製品をセレクトする事も有りではありますが、長い目で考えていくと、革製のブリーフケースは、皆さんのあらゆるビジネスシーンを支えてくれる、陰の立役者的存在となってくれる事を期待しています。

香りとともに大人の装いの見つけ方2

パートナーに香りをプレゼントするには、ある程度の仲になってから、お互いの好みを知りつくした上で、贈るのがベストなチョイスでしょう。

また、お互いの香りをプレゼントする為に、2人で、百貨店の香水売り場で、香りを確かめ合いながら、贈り物をみつけるのも宝探しをしているようで楽しい一時となるはずです。

また、五感に栄養を与えるような気持ちで、香り選びをする事で、常に前向きな自分になれるはずです。香りは、装いの1つでもあり、皆さんのアイデンティティを表現する為のツールでもあります。レストランや映画館など、大勢の人々が、密接するような場所で、香水を多用するのは控えましょう。

デートなどの場として、寿司屋や日本食レストランなどで、香水をまとったままカウンターに着席することは、マナー違反であるとも言われています。

自分よがりな香水使いは、大人の装いとしては、逆効果となってしまう事もありますので、きちんと香り使いのルールとマナーの知識を持ちえた上で、ファッションアイテムとして取り入れましょう。

香りの印象は、皆さんが考えている以上に、周囲の人々に記憶として残っているかもしれませんよ。

皆さんの、あらゆるシーンに香りのエッセンスが働きかけをしてくれるはずです。是非とも、皆さんにとっても、周囲の人々にとっても心地良い「香り使い」をみつけてみましょう。

香りのワードローブが増える度に、皆さんの大人な装いが自然と増えているはずです。ビジネスシーンやナイトシーン、フォーマルなシチュエーションにも、香りは皆さんの存在を限りなく引き出してくれるアイテムなのです。

アッティーラのレザー教科書 のTop Pageへ

香りとともに大人の装いの見つけ方1

ビジネスシーンなどでは、場合によってはNGとされますが、大人の男のファッションとして、欠かせないものは「香り」でもあります。

「香り」は色気の象徴という人もいますが、大人の男を表わす上での香り選びは、大変重要なファッションアイテムでもあります。また、香りを操る事で、「ON」「OFF」を切り替えたり、大事な場面を切り抜けるサポーターとして、香りを楽しむ人もいるようです。

香りは、様々なシチュエーションを装飾してくれる見えないファッションアイテムではありますが、せっかくのお気に入りのスーツやシャツに、香水を振りかける事で、望まないシミとして、皆さんの前に現れることもあります。

香水を使用する際には、衣類にはまとわない事が基本的な使い方となります。また、なんとなく香りを感じていたいと思うような場合は、名刺に香水をスプレーしたものを、革財布などのカード入れに忍ばせておくと、ふとした瞬間に香りの存在を楽しめる事ができ、気持ちの切り替えなどに役立つかもしれません。

香りの好みは個人的な要素が大きいので、他人と自分の価値観を比較せずに、単に自分の好みの香りを楽しむ事が1番です。また、パートナーにまとって欲しい香りをプレゼントすることも、一緒に時を過ごす中で、香りを楽しむ事ができ、素敵な贈り物とも思えますが、香りは、人をリラックスさせる効果もあれば、ストレスを与える原因にもなりかねません。

アッティーラのレザー教科書 のTop Pageへ