世界で一番の数多くの人びとの来場がある美術館は、フランスにあるルーヴル美術館であると言われております。

ルーヴル美術館の絵画や彫刻など数多くの所蔵品は、フランス王室の美術コレクションでありましたが、フランス革命ののちに、現在のような美術館として人びとに開かれた場所となったようです。

ルーヴル美術館には、皆さんがご存じである世界的にも有名な絵画・彫刻作品の数々が展示されておりますが、それらの美術品の数々を収集するにあたって貢献していたのがナポレオン一世の存在もあったようです。

当時、ナポレオン一世が諸外国から持ち帰った美術品の数々によって、ルーヴル美術館に所蔵される作品が倍増していたという事実もあるようです。