17世紀前後のオランダはそれ以前の15~16世紀に行われた大航海時代を実現したことによって貿易が栄え、ヨーロッパではイギリスと並び随一の商業大国と呼ばれるようになりました。

経済的にも生活が豊かになったオランダ商人たちの姿は、オランダの画家フェルメール作品に数多く登場いたしますが、それまでの時代に盛んに描かれてきた貴族他紙の肖像画とは異なる雰囲気の作風ばかりでもありました。

当時の芸術家たちの絵画作品は、西洋史をがんだいにまで伝える貴重な資料として多くの専門家たちの注目を集めております。

1581年スペインから独立を果たしたオランダは、世界中に貿易ルートを広げていきますが、そこにはキリスト教のなかでカトリックとプロテスタントが両者対立した宗教革命が大きな時代の荒波を生み出したようです。