現代においても尚、彼の生涯における数多き謎が解明されていないと言われているレオナルド・ダヴィンチは、芸術界の革命児などとして天才芸術家であったとされています。

15世紀以降ルネサンス期の全盛期を築き上げたとも言われている彼が生み出した絵画における技法は「スフマート」などと呼ばれるぼかしの技術であります。彼の作品である「モナ・リザ」には、スフマート技法の他にも空気遠近法が使用されているそうです。

彼は画家としての才能を発揮するだけではなく、建築、音楽、医学、工学、天文学など、あらゆる学問に長けた才能に恵まれていた人物であったとされています。

「モナ・リザ」は彼が幼いころに生き別れた母親の姿を重ねたのではないかなどとも推測されているようですが、作品が作られた過程やモデルとなった人物の謎の多くはまだ解き明かされておりません。