ヨーロッパ美術史を語るなかで「ルネサンス期」は重要な時代であると言われておりますが、ルルネサンス期のなかでも北方ルネサンスは、「もうひとつのルネサンス」なと称され、イタリアのルネサンスとは異なる文化が華やいだようなのです。北方ルルネサンスは、現在のドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクなどのあたりを指示しているようです。北方ルネサンスにみられる美術の作風は、イタリアから比較してみますと写実性や数学的な解釈が随所にみられるようなのです。美の理想を美術作品に追い求めたイタリアとは異なり、写実と理想をうまく中和させた世界観が北方ルネサンスには読み取れるようなのです。北方ルネサンス作品としてヤン・ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻の肖像」は有名です。