絵画における技法として知られている「遠近法」は、ルネサンス期に完成を遂げた技術であったようです。二次元的な絵画に三次元的な要素を組み込むことのできる遠近法は、当時の人びとにとってまるで魔法のような特殊技術と捉えられたかもしれません。現代におきましては映画制作などにも使用されているCGなどの特殊な映像表現が行われることもあり、その加工技術に驚かされることもありますが、ルネサンス期に遠近法の技法を目の当たりにした人びとは、この世のものではないものを見せられているような感覚を抱いたかもしれませんね。遠近法は遠くのものを小さく描き、近くにあるものを比較的大きく描くことで絵画作品などに奥行をもたせる技法を言います。