「遠近法」は絵画における描写技法の1つとして知られておりますが、ヨーロッパのルネサンス期を語るなかで近代のヨーロッパ的な合理性をよく伝えているとも考えられているようです。遠近法は、一点から見た際の目の前に広がる空間を絵画作品のなかで近くにあるものを大きく描き遠くのものを小さく描写する手法となりますが、そこには自然科学や数学とも深い関わりがあるものとも考えられているようです。遠近法について多くの研究者があらゆる難題に挑んだルネサンス期は、現代アートにつながる近代ヨーロッパ美術の基礎となる部分を築いたとも考えられております。まさにルネサンス美術は、現代アートの生みの親であるなどと考える専門家たちもいるようです。