近代ヨーロッパの画家たちに影響を与えたと言われている「浮世絵」。ヨーロッパの近代美術と呼ばれる印象派画家たちは、日本の浮世絵の独特な構図や着眼点にユニークさを感じていたようです。日本各地の絶景を浮世絵として描いた葛飾北斎の作品は、現代人がみても一目で圧倒されてしまうような見事な風景デザインとなっています。当時、日本からヨーロッパへ輸出された陶器を包むための梱包材として使用されていた浮世絵をみつけたヨーロッパ人たちは、遠い異国の風景として北斎が描いた富士山の見える絶景をみて日本の国をどのように想い描いていたのでしょうか。現代アートと比較するなかでも浮世絵ほど、日本的なユニークさをもった美術様式があるものかと日本人である筆者も唸りをあげしまうことがあります。