英国を巡るツアーを楽しまれる方々にとって有名美術館を巡る楽しさと共に、住宅地の一般家庭におけるガーデニングや室内のインテリアなどを垣間見ることを楽しみにされている方々も多いようです。イギリスには歴史的建造物がたくさん残されておりますが、人々が生活空間として使用している住宅街の建物一つ一つをとっても歴史深い建造物が数多く残されております。イギリスの人々は、長い歴史において築年数を重ねる建造物の保存を重要視することから、街並み自体の景観も重厚かつ趣のあるものとなっております。「イギリス人は歴史が好き」などとも言われていますが、街中を歩いていてもアンティークな家具や小物などに出逢うなかで、長い歴史の中で時代や世代を超えて人々に大切に使われてきた名品の数々を実際に目にすることもできます。貴族や王族などのきらびやかな生活の室内インテリアを楽しむ中で、印象的なインテリアとなってくるのは、室内の重厚な歴史を感じる調度品や壁に飾られた絵画などの額縁装飾などがあげられますが、室内インテリアとともに日本人ツーリストたちが興味深く鑑賞しているのがガーデニングでもあります。お庭をまるで自宅の一室であるかのようにコーディネートするイングリッシュガーデンは、私たち日本人としては西洋文化としての憧れの風景でもあります。