先日友人から手作りの額縁を頂く機会がありました。額縁の中に飾る写真やイラストなどの作品は、何も付属してはおりませんでしたが、額に作品を収めなくとも額縁自体が、とてもアーティスティックで存在感のあるものでしたので、そのまま玄関のウェルカムオブジェとして飾ることにいたしました。

そもそも額縁の役目とは、中に収めた写真や絵画などを引き立てる役目であると思われるのですが、このように「額縁」を主役とした形でインテリア的に活用をすることは人生初の試みでもあります。ヨーロッパでは写真や絵画を額に入れて飾ることが、暮らしのなかに自然な習慣として息づいているようにみえますが、日本人は家族や恋人の写真を他人に披露するように飾り付けることには、未だ慣れていないのかもしれませんね。

明治以降、西洋の生活文化が人々の暮らしのなかにも徐々に浸透しはじめましたが、額縁に大切な人の写真を飾る習慣は、シャイな日本人にとってはいささかハードルの高い習慣なのかもしれません。

~Don’t miss it !~ THE・額縁選びのコツ!のTOPへ