使い勝手とは?

よく長財布のボリュームは持ち運ぶときに鞄やバッグが必要だから使い勝手が良くないというようなことを耳にしますが、本当にそうなのでしょうか?確かに鞄やバックが必要なのは確かです。二つ折りの財布を使っている人は、ズボンのポケットなどに入れて持ち歩くという人がほとんどでしょう。しかし、落とし物で見かける財布も二つ折りが多かったりしませんか?それって使い勝手良いと言えるでしょうか?そもそも忘れっぽいという人には該当しないでしょうが、長財布の存在感というのは紛失しにくいという面ではメリットと言えるのではないでしょうか。傾向としても長財布を愛用している人は、それぞれスーツの内ポケットだったり、バッグのこのポケットというように「定位置」が決まっている人も多いように感じます。同じような不便さの中に、長財布には小銭入れがないものや、あっても容量がかなり少ないという声が挙げられるでしょう。大体長財布というのは革のものが多く、そもそも革の耐久性などを加味してもそのように作られている事がほとんどでしょう。そのため長財布を愛用している人は小銭入れを別に持ち歩いているという人が多いようです。一方、二つ折り財布の場合、小銭入れがないというタイプは珍しく、この小銭入れ問題を口酸っぱく唱える人に限ってパンパンになるまで小銭を入れているという人が多いように感じます。確かにいっぺんに収納できるのは便利かも知れませんが、きちんと計算して小銭を扱えないというのは、財布の見た目以上にダサい大人認定されてしまいそうです。そのような財布は汚れやすく壊れやすいといえ、あまり使い勝手の良さは感じられないのではないでしょうか。便利さは使いながら工夫できるものです。革財布を持つのであれば、長く美しく使えるように使い勝手を考えていくのも大人の財布の持ち方と言えるでしょう。